Uberの自動運転車が死亡事故 自動運転による初の死亡事故

tag:


2018年3月18日午後10時頃(現地時間)、Uber(ウーバー)の自動運転SUV車が公道のテスト走行中に歩行者をはね、その被害者女性が搬送先の病院で死亡したという事故が起きました。

今回の事故を受けてUberは、フェニックスメトロポリタンエリア(事故現場を含む)、サンフランシスコ、トロント、ピッツバーグでの自動運転車の公道での走行を取りやめました。National Transportation Safety Board(国家運輸安全委員会)も調査を開始しています。

via Wired

 

 

公道テストに関する規制の実態

UberやWaymo、その他自動運転車開発企業がアリゾナ州をテスト地として選ぶ理由は、その穏やかな気候だけではなく、テストに関する規制がほぼ皆無であること。自動運転車の走行に特別な許可が必要なく、また運営者が当局に情報を共有することも義務づけられていないそうです。

これまでのところカリフォルニア州だけが開発者に対し、オペレーションに関するデータ、例えばすべての事故報告、毎年の走行マイル数、ロボット操作に対する人間のオペレーターが乗車する頻度等を公開するよう求めています。これらのデータだけではその安全性を把握するには不十分ですが、同州では人間ドライバーが乗車しない自動運転車の公道テストを来月許可する予定だそうです。

一方で自動運転関連企業は州政府が自動運転車の設計、組み立て、性能等について確固たる責任を明示し、より多くのテスト(メーカー1社につき100,000車)を許可する法律を待っているようです。

 

課題が明らかに

事故が発生した日は若干の風があったものの自動運転車に搭載のセンサーに影響をあたえるものではなかったそうです。被害者の女性は事故にあった際、横断歩道から外れて歩いたそうで、「運転者が載っていない車を公道で走らせるテストにおいて、十分な安全を確保するにはどれだけの安全性が求められるのか?テストに同意していない一般人も公道に存在していて、例えばスマートフォンに熱中する人、酔っ払い、憔悴しきった人を今回のような事故から守れるのか?」という疑問が生じます。

MIT(マサチューセッツ工科大学)で人間行動および無人運転車を研究しているBryan Reimerさんが「今回の事故で最近話題になっている進化中のテクノロジーを一般の道路で大規模に展開するにはまだ準備が整っていないことが明らかになった。」と話しています。

さらに、トラブル発生時に対応するため人間のオペレーターが運転席に座っているセイフティドライバーシステムについて、開発企業各社はトラブル発生時には人間がセルフドライビング用ソフトウェアから操作を引き継ぐことができるよう訓練していると主張しています。しかしながら、今回のUberの事故でこのシステムが常に機能するわけではないことが明らかになりました。

 

Source:

UBER’S SELF-DRIVING CAR JUST KILLED SOMEBODY. NOW WHAT? | https://www.wired.com/story/uber-self-driving-car-crash-arizona-pedestrian/

Uber halts self-driving tests after pedestrian killed in Arizona | https://www.theverge.com/2018/3/19/17139518/uber-self-driving-car-fatal-crash-tempe-arizona

 


Comments are closed.